公認会計士になるためには、国家資格の試験をクリアしなければいけません。
受験資格などはありませんので、学歴、職歴、性別、そして年齢を問わずチャレンジすることができます。
ただし、試験の難易度はかなり高くなっていますので、そう簡単にクリアできる資格ではないことを理解する必要があります。
資格試験は、自分で参考書や過去問などを購入して独学でチャレンジするパターンと、専門学校や予備校に通いチャレンジするパターンがあります。

合格率をチェックしてみると、一般的な合格率よりも専門学校や予備校に通った方が、合格率は高くなっているようです。
特に合格率の高い専門学校として知られている東京CPA会計学院などは、全体の合格率が10.1パーセントなのに対し、37.1パーセントと非常に高い合格率となっています。
そのため、多くの方は専門学校や予備校を選んでいるのです。

独学と専門学校などの大きな違いは、やはり講座の内容にあると言えます。
東京CPA会計学院の講座は、勉強が苦手な方でも分かりやすいテキストを使って進められていきます。
きちんと合格できるようなカリキュラムが組まれていますので、講座をしっかりと受講していけば、合格ラインまで到達できるように導いてくれているのです。
そのため、独学よりも合格率が高くなっているのです。