ドイツのシステムサプライヤーのボッシュは、2011年時点で10%を超える成長率を達成しました。
その後も事業の拡大を続け、特にアジア・太平洋地域で顕著です。
アジア・太平洋地域の車業界になくてはならない企業として、従業員数も増加の一途をたどっています。
お客様のすぐそばにあるサプライヤー企業のモットーのもと、日本でも採用を増やしています。
募集されている職種は幅広く、技術・開発系エンジニアから、営業、プロジェクトマネージメント、事務まで、ありとあらゆる職種を募集していると言ってよいほどです。
ここ数年の間、売り上げを大きく伸ばしている企業ですから、雇用が伸びているのは当然かもしれません。
日本の車業界のなかでも従業員に愛される会社として知られ、離職率が1%台と驚くほど低いことを考えれば、離職率が高いために恒常的に人手不足になっている企業とは根底から違っています。
就職は結婚に似ています。
良い職場を見つけるには、年収の高さだけでなく、快適に仕事ができるかどうかも重要です。
その上で、自分のやりたいことができ、成長することができれば最高でしょう。
就職を目指すのであれば、ボッシュ株式会社のような企業に応募するべきだと思われます。