トラブルを必要最低限回避するための契約書づくりは、フランチャイズ契約にとって必須課題です。
契約書は基本的にフランチャイズ本部が作成するものなので、加盟店に対して有利な立場を作ることが可能です。
でもその契約書を法律の知識に乏しい素人が作り上げられるかといえば、疑問が出てきます。
たとえば素人目ではなんら問題のない契約書でも、弁護士の目から見れば致命的な不備が見つかるケースは多いのです。
契約書はこれからビジネスをはじめるうえで大事な事柄を書くわけですが、同時に内容に矛盾が出てもいけないデリケートな代物なので、プロのチェックを入れるのが何よりの安全策でしょう。
またフランチャイズ契約を行ううえで、加盟店側とのトラブルは多かれ少なかれ起こるものです。
ロイヤリティの支払いが滞っていたり、守秘義務違反を犯す加盟店とは早めに契約を打ち切りたいものですが、契約書に中途解約の項目がなかったり条件が厳しすぎると、契約を思うように解除できないかもしれません。
だからといって問題のある加盟店から受ける損害を気にして違約金を法外な額にしておくのも、加盟店との良好な関係を築くのに邪魔になりそうです。
このあたりのさじ加減も素人では難しい話なので、弁護士に相談して妥当な解約条件や違約金の額を契約書に盛り込むのが、トラブルを事前に回避する方法ですね。
弁護士によるフランチャイズ問題の法律相談 南法律特許事務所