ライフネット生命といえばネット生命の元祖だというイメージがあります。
いくつかの特徴があります。
他の生命保険会社よりもプレミアム(掛け金)が安く済んでいるのには理由がありました。
ライフネット生命では、生命保険契約の中でも複雑な契約となる、保険特約条項を排除されています。
それで、保険求償される内容が非情にシンプルとなっているのです。
ライフネット生命が提供されている生命保健サービスはわずか4種類だけなんですね。
このシンプルさが若者夫婦たちを中心にして受けているものだと解釈できました。
どんな生命保険商品があるのでしょうか?
具体的に説明します。
ひとつめは、働き手であるご主人のあなたに万が一のことが発生した場合に備える死亡保障保険です。
ふたつめは、あなたや家族が突然の病気や事故に見舞われたときに医療費を捻出する終身医療保険なんです。
みっつめは、成人病に対する備えなんですが、がんに対する先進医療対応などの医療保障保険です。
そして最後の四つ目なんですが、あなたが病気や怪我で働けなくなった場合を想定した就業不能保険なんです。
これら全部に加入するのが理想なんですが、その分掛け金はお高くなります。
それでも、私はこう思うんです。
家族を本当に愛するのならば、最低限この4種類の保険には全部加入しておくべきだと。