東日本大震災で浮上した電力問題で注目を集めたのは電気の時給自足、特に太陽光発電だと思います。
それまでも屋根にソーラーパネルを取り付けたお宅を見かけることはありましたが、東日本大震災以降は各メディアでも取り上げられ話題になっています。
電力を自給自足できるうえ、余った電力は買い取ってもらうことができます。
しかも施工すれば補助金も出るのです。
私も経験しましたが、計画停電とはいえ電気の使えない生活のなんと大変なことか。
停電時の不便さと不安は大きなストレスになります。
とはいえ、太陽光発電にも問題点はあります。
パネル全面に十分に日が当たらないと電気が作れないことや、施工の仕方によっては雨漏りなどの被害もあるようです。
最近では電気の買取も怪しくなってきたようですし、維持費や耐久性を考えたら投資する金額としてはやはり大きなものがあります。
導入にはメリットとデメリットを十分検討することが必要、とうことでしょうか。http://www.yokohamah.jp/